生きているのは、
    もはやわたしではありません。
   キリストがわたしのうちに
        生きておられるからです。
      ガラテヤの信徒への手紙 2章20節
 説教:天に宝を積め   ルカによる福音書12章13節〜34節 2017.10.29  31

天に富を積む生き方は、必ずしも、この世にはあらわれでないことかもしれません。人に評価がされないかもしれません。誰にも気づかれないことだってあるかもしれません。しかし、天の神様、イエス様、そして聖霊様が喜んでくださいます。天で必ず報いてくださるのです。「よくやったね。ありがとう。ご苦労さん」と、わたしたちの取るに足らぬ、奉仕を受け留めてくださって、労を労い、一緒に喜んでくださるのです。天で報われるのです。

 みなさん、このように、天に富を積むような生き方をすることは、この世では損ばかりするし、苦労ばっかり絶えないし、いやだなあと思われるかもしれません。しかし、決してそうではないですよ。

 その人は、思い煩いのない単純さに生きています。そして、いやいやながら、あえて犠牲を払う生き方をするのではありません。そうさせていただくことを喜んでしているのです。

 そんなこと、マザーテレサのような人にしかできないと思われるかもしれません。しかし、そうではないのです。わたしたちがちょっと注意して、観察してみれば、そのようなキリスト者と出会うことは、必ずできます。それは、キリスト者とは、本来そのような生き方をするものですから。

医者ルカが、病を押して伝道に身を献げる使徒パウロと出会った時、その顔は、喜びと平安に満ちていたはずです。そして、その後の回心したルカ自身が、顔を輝かせながら、人生の旅を続けたはずです。旅人に同行される主イエス・キリストを仰ぎ見ながら。わたしたちも、本当の意味での人生の充実、喜び、生きがい、それがここにあるのです。わたしたちの立ち位置、わたしたちのアイデンティティ。わたしたちの証し。わたしたちの希望がここにある。この方にある。わたしたちも、方向転換をさせていただき、この中心に立つ方を見つめ、この一点に立ちながら人生の旅路を喜びつつ雄々しく歩んで参りましょう。

                  戻る   ージのトップに戻る

 説教:謎であって謎でない?未解決の       ようでまことの解決!それは!!   ヨブ記19章25節〜27節
 38章1節〜3節
2017.10.22  30

ヨブ記を読む。最後まで読む。それでもこの箇所では直接、解決に至っていないともいえます。しかし、イエス・キリストの十字架と復活がある。それが、聖書の語る本当の解決となっていることが、ヨブ記を通しても指し示されているのです。

十字架のイエスの死において、人間の不条理の死が代表されている。正しい神の子が、人間として、罪人として十字架に架かることは、不条理である。わたしたちの人生の苦難の謎は、この十字架の中にある。そして、復活において、解決が約束されている。この希望に生きることができる。ここにこそ、まことの解決がある。わたしたちの地上的な問題の直接的な答えはない。謎は謎のままです。疑問は疑問のままです。でも、十字架と復活の主をわたしたちが、信じる。ここに希望を見出して、人生を生きていく。

そう!希望によってわたしが生きていく。わたしたちがこれから、前向きに生きていく。いや、大胆に言うと前向きでなくてもいいのかもしれない。うろばっかりみて、いろんなものをひきずって、みっともなく、いろいろなものをかかえながらでもいい、背負いながらでもいい、とにかく生きていく。イエス・キリストと共に生きていく。いや、生かされて歩む。ここに、未解決のようでまことの解決があります。そのことを、今日も、明らかにし、皆さんと共にこの希望に生きていきたい。

エレミヤ31:16を最後に読みまして終わります。 「泣き止むがよい。目から涙をぬぐいなさい。あなたの苦しみは報いられる。」 「・・あなたの未来には、希望がある。」

                       ージのトップに戻る

 説教:十字架の言葉(2)
      ―弱さと低さにある救い
 
 コリントの信徒への手紙(一)
            
1章26節〜31節
2017.10.15 29
 

わたしは、父親が牧師だったものですから、こどもの頃から、教会に通っていました。というか、教会も自分の遊び場でして、わたしの子どもの頃は、子どもたちも多い時代だしたので、それこそ、教会は楽しいという感じで過ごしていました。春や夏には、聖書の学びの合宿があります。でも聖書はそこそこに友達と遊ぶよい機会でした。あるとき、先生の話もよく聞かないで、ふざけてばかりいました。担当の教会学校の先生は、いつも怒らないでわたしたちに付き合ってくださる男の大学生で、Iさんという方でしたが、その時一瞬真剣になって仰ったのです。「君たち、このことだけは忘れないでほしい。君たちの人生でどん底に落ちるということがあると思う。しかし、そのどん底に、十字架は立っているんだ。その十字架から、何ども何度も立ち上がっていく。」その真剣なまなざしで仰った言葉、それはわたしの一生残る言葉となりました。その後、Iさんは、ある会社に就職して活躍されていたのですが、働き盛りの時に白血病を患って早くして亡くなってしまいました。そのご両親が、この千葉北総教会が伝道所として始まったばかりの時のメンバー、池田兄と池田姉です。この教会の会員原簿の1号、2号です。Iさんが亡くなって1年たった時に記念誌を作りましたが、わたしが、Iさんとの思い出として寄稿した言葉を大変喜んでくださいまして、その後もよく、ボトム、ボトムとおっしゃっていました。あのボトムは良かった。あのボトムに支えられた。そのボトムとは底ということです。どん底に、十字架が立つ、わたしたちが弱さと低さにあえぐ、そのところに、イエス・キリストも共に、あえいでおられる。イエス・キリストが、共に、痛んでくださっている。そして、その重荷を共に担いでくださっている。だから、わたしたちは支えられるのです。

たとえ、どんなに落ち込んだり、どんなに傷ついて、気落ちしたり、そういうことがあっても、そういう、一番下のところで、下支えを頂いているのです。それ以上、堕ちていかないように楔を打たれているのです。こんなにありがたいことはこの世で他にありましょうか。絶対にないのです。ボトムに十字架が立っているのです。

                      ージのトップに戻る

 説教:沖へ漕ぎ出せ   ルカによる福音書 5章1節〜11節  2017.10.1  27

私たちに示された神様のみ言葉として、神様の招きと召しを確認しましょう。 

1、主イエス・キリストは、私たちと出会ってくださいます。

そして、私たちを深みへと招いておられます。深みとなんでしょうか。み言葉によって、この深みをお示しくださいます。

2、これは、飛び込んでみて、わかる世界です。あとになってわかる世界です。とくに、これは新しい出会いのゆたかな世界です。

3、この招きには、ふさわしくないものが召されています。ふさわしくないと思う罪人が、許され、受け取るようにと召してくださっています。 

「沖へ漕ぎ出して、漁ををしなさい」

「しかし、おことばですから、網を降ろしてみましょう。」ともにここから出発しましょう。

                            ページのトップに戻る   

 他の年度の 説教から一言
2010年度
2011年度
2012年度
2013年度 
2014年度 
2015年度
2016年度 
2017年度 
最近の
説教から
 2018年3月
 2018年2月
 2018年1月
 2017年12月
 2017年11月
 2017年10月
 2017年9月
 2017年8月 
 2017年7月
 2017年6月
 2017年5月
 2017年4月
2017年11月1日更新
説教題をクリックして内容をご覧下さい。
sekkyo

2017年10月 説教から一言
説教題 聖書の箇所 年月日 NO
  説教:「 天に宝を積め
   ルカによる福音書講解説教―
 ルカによる福音書
   12章13節〜34節
 2017.10.29 31
  説教:「 謎であって謎でない?
  未解決のようでまことの解決?
           それは??
 
 ヨブ記19章25節〜
  27節 38章1節〜3節
 2017.10.22  30
   説教:「 十字架の言葉(2)
     −弱さと低さにある救い
 
   コリントの信徒への手紙講解説教―
 コリントの信徒への手紙
 
(一) 1章26節〜31節
 
 2017.10.15  29
   説教:「 沖へ漕ぎ出せ 
    ―ルカによる福音書講解説教―
  ルカによる福音書
    5章1節〜11節
 2017.10.1  27 

ホーム    教会案内    礼拝案内    ジュニア    行事予定    牧師    英会話    パソコン教室
日本キリスト教団 千葉北総教会 のホームページへようこそ
本文へジャンプ


 

説教から一言 2017年度