命の泉はあなたにあり
       あなたの光に、
     わたしたちは光を見る。
            詩編36編10節
 説教:一つとなるために   コリントの信徒への手紙(一)1章10節〜17節  2017.8.20  21

わたしは、犬と散歩をしているときに、祈りながら、いろいろなことを思いめぐらしながら歩いています。ある時に、散歩中に教会員の方と出会った時がありますが、その後で、言われたのです。「先生、鬼のような形相でしたよ。牧師なんですから、もっと明るい笑顔で散歩してください」と。いや、牧師だからこそ、散歩をしながら苦痛で顔をゆがめているかもしれないのに・・。誰かの批判を一生けんめいしているときに、ふと、われに返ることがあります。ああ、自分が疲れているんだなと。自分を安心させるために、あるいは自分を守るために、周りを批判するのです。さばく心は、決して解決しないということを。後から気づきます。祈りの中で十字架のキリストの前に導かれて、自分の高ぶっていた心を悔い改めるわけです。そこにある罪から離れさせていただく。そして、ゆるしに生かされる。そこに、神様の愛が注がれていることを知ります。

 そのゆるしと愛に立つ、そこに、わたしたちの根がある。わたしたちは、主のものとされている。そこに保護があるのです。主の保護の中を歩むところで、わたしたちは、深い、癒しを覚える。それが、またわたしたちのアイデンティティーです。そこでこそ、わたしたちは、本当に、お互いに、思いやったり、配慮しあったり、相手に近づくということができるようになる。そこに、和解がおこる。そこに、本当に平和がなりたつのです。

                 戻る   ージのトップに戻る

 説教:わたしたちの宿るところ   詩編90編1節〜17節
 ルカによる福音書24
章28節〜29節
2017.8.13  20

 今日の詩編90編と、合わせて、ルカ24章を読みました。ここで、復活した主イエスと、二人の弟子たちが、エルサレムからエマオの村へ旅をしている場面です。夕暮れになって、エマオに着きますと、宿を取ります。それを今日、合わせて読みました。この宿をとる主イエスと弟子たちの話は、永遠の神の住まいへと旅をするわたしたちの旅路と重ねて読むことができます。永遠の神の住まいにおいて、主イエス・キリストが家長として、祝福をあらわしてくださいます。その時に、二人の弟子たちは、気づくのです。それまで歩んできた旅路にも、この主が共におられたということを。道々お話してくださったとき、わたしたちの心は燃えたではないか。そう心を熱くして、振り返っています。しかし、皆さん、この旅路は、悲しみと失意の旅路だったはずです。これから先の人生に、明るいものを見出させない、そんな、絶望的な嘆きとため息だらけの道だったはずです。これまでの人生を振り返って、後悔や、うらみつらみもあったかもしれません。

 しかし、最後は、変わっている。実は、この人生の旅路があったからこそ、復活の主との出会いがあったんだ。悲しくて、辛くて、そんな谷底があったからこそ、その谷底の一番どん底の立つ十字架に行きつくことができた。

 今日、わたしたちは、このところにある、振り返りをゆるされているのです。それはわたしたち自身のことだけでなく、わたしたちの親しい方々が先に天に召されていった、その方の人生の振り返りでもあるのです。価値が逆転して、わたしたちの口を通して、神様をたたえる歌が、あの詩編の詩人と共に、神様にあがるように。そして、祝福に満ちた小さな、しかし新しい一歩が、永遠に向かった旅路がここから始まりますように。

 「主よ、あなたは代々にわたしたちの宿るところ。」

                     ージのトップに戻る

 説教:平和の君を探せ   ルカによる福音書 2章1節〜20節 2017.8.6 19

Tさんは、満州の奉天という場所におられました。そこで、昭和18年、20歳を迎えた時に、徴兵検査がありました。軍隊に入る半年前に血を吐きました。重い肺結を患ったのです。入隊は延期となり、家で寝ている時に終戦を迎えたそうです。敗戦の翌年、家族とともに広島にひきあげてこられました。Tさんは、肺結核の上に、慢性腹膜炎を患っていまして、結核の療養所に入った後も、毎日腹痛に苦しんだそうです。その腹痛は、お歳をとるまで長く続いたとのことです。Tさんは、戦争と病気と二重の死の危険が迫っていました。まだ引き上げる前の満州の奉天で、寝込んでいたTさんのために、お母さまが大通りの露店に並べられている本をいくつか買ってきてくださったそうですが、その中の一つに、ヒルティの『眠られぬ夜のために』がありました。その本を読み終わったときに、Tさんは、キリスト信徒になっていたそうです。その時のことをTさんは振り返ってこう述べておられます。「神様はどん底に呻吟しているわたしに眼をとめて、キリストに引き付けてくださり、神様に呼応して聖霊のキリストが、ヒルティを先に立ててわたしに来てくださったのです。わたしがもし、順調な青年時代を送っていたら、たとえヒルティを読んだとしても、信じなかったと思います。」

説明は詳しくされていません。しかし、神様のなさることはまことに不思議なことであることが伝わってきます。人生のドン底で出会う救い主、それがイエス・キリストです。わたしたちが、平和の君と出会うために、わたしたちが、平和の君を探し続ける旅を続けるために、わたしたちの人生にわける、飼い葉おけという低さのしるしが用いられます。高いところではなく、低いところでこそ、わたしたちの本当の救い、本当の平和が見えてきます。どん底で苦しんでいるからこそ、わたしたちの固い心の扉は開かれて、温かい神の愛が沁みてくるのです。そして、この世界は、まことに、この救い主によって、統治されている、その真理を知る。

わたしたちは、平和の君を探す旅へ招かれています。平和の君を探せ!ここから出発いたしましょう。
                          ページのトップに戻る   

 他の年度の 説教から一言
2010年度
2011年度
2012年度
2013年度 
2014年度 
2015年度
2016年度 
2017年度 
最近の
説教から
2017年10月 
 2017年9月
 2017年8月 
 2017年7月
 2017年6月
 2017年5月
 2017年4月
2017年9月1日更新
説教題をクリックして内容をご覧下さい。
sekkyo
2017年8月 説教から一言
説教題 聖書の箇所 年月日 NO
  説教:「 一つとなるために
   コリントの信徒への手紙講解説教―
 コリントの信徒への手紙
 
(一) 1章10節〜17節
 
 2017.8.20 21
   説教:「 わたしたちの宿るところ     詩編90編1節〜17節
 ルカによる福音書

   24章28節〜29節
 2017.8.13  20
   説教:「 平和の君を探せ 
    ―ルカによる福音書講解説教―
  ルカによる福音書
    2章1節〜20節
 2017.8.6  19 

ホーム    教会案内    礼拝案内    ジュニア    行事予定    牧師    英会話    パソコン教室
日本キリスト教団 千葉北総教会 のホームページへようこそ
本文へジャンプ


 

説教から一言 2017年度