万事が益となるように、
共に働くということをわたしたちは知っています。
      ローマの信徒への手紙 8章28節
 説教:恵みの視点から考えよう      コリントの信徒へ手紙(一)1章1節〜9節 2017.7.30  18
 

パウロは、処世術として、言葉だけとしてそれを言っているのではないですね。本当に、恵みに立って、パウロ自身も、恵みに生かされている者として、語っているのですね。ここには、温かい神様の視線があります。神様がイエス様の十字架を通して、赦し、生かし、愛してくださっている、神様の恵みが溢れています。そういうところから、いろいろな問題を考えていこう。この恵みに照らして、悔い改めが必要なところは、整えていこう。この恵みの視点から、期待して、前に向かって歩もうとしています。

 わたしは特に、「神は真実な方です。」に救われる気持ちがします。わたしたちは、問題だらけ。いろいろとダメだなあと思われるところがあったとしても、神様は真実な方です。この神様がわたしをガチっと捕らえてくださっていますから、この神様が、最後の最後まで、お見捨てにならずに、わたしと共に歩んでくださるから、「あっ大丈夫なんだな」と思うんです。あたたかい視線の中で、大きな愛の視線の中で、「あっわたしは大丈夫」なんだと、救われるのです。

                       ージのトップに戻る

 説教:どこから来て、どこに帰るのか   ヨブ記 1章21節〜22節  2017.7.23  17

 

最後に、もし、このような人格的といいましょうか、わたしたちの言い分に耳を傾けてくださる神様という存在がなかったのなら、どうするかということを最後に考えて、終わりたいと思います。

 たとえば、運命ということを、わたしたちは一般的によく考えますね。運勢を占うということもよくされますね。この世の中のことが、何かの力に動かされているということを一応信じて、運命ということを考えるでしょう。その運命は、人格はありません。もっとはっきりとするのは、宿命という考え方です。宿命というのは、仏教用語です、前世から決まっている運命を指すと言われています。そこにも人格的な響きはありません。運命、宿命とも、結局は、あらがうことのできない力のようなものですから、それはあきらめることしかできない、そうやって受け入れるわけです。

 それに対して、聖書の神は、人格的な神様ですから、わたしたちは、苦難の問題を神様に持っていくことができる。お祈りすることができる。神様と格闘するかのように、祈りをすることができる。その祈りの中で、わたしたちは、苦難から解放される日を待ち望むことができます。

 わたしたちは、苦難を経験する中で、最初は、抵抗したり、神様に訴えたり、格闘するかもしれない。しかし、最後は、受け入れることができるようになる。

その際には、その苦難がなくなるという意味の解決ではないかもしれませんし、苦難がなくならないままの解決ということかもしれません。しかし、わたしたちには受け取れるようになる。無理やりあきらめるのではなく、神様からの安堵をもってです。

 「わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう。主は与え、主は奪う。主の皆はほめたたえられよ。」「わたしたちは、神から幸いをいただいたのだから、不幸をもいただこうではないか。」たとえ、不幸の呼べる苦難の現実があったとしても、また、苦難の末に、裸になって死んでいくにしても、安堵して、平安の内に、「主の御名はほめたたえられよ。」そう感謝し、また、賛美するところまで導かれていく。ここに苦難からの解放があります。

                         ージのトップに戻る

 説教:聖なる逆転はある!   ルカによる福音書1章46節〜56節 2017.7.16  16

先週、わたしは、埼玉地区の教師研修会で、お話をさせていただきました。前任地の高知県での19年間、そして、千葉での12年間、いずれも、開拓伝道が導かれてきたことの証しでした。しかし、これらは、結局、弱いからこそ導かれたという話でした。決して手柄を自慢するということではありませんでした。成功談ではなく、失敗談の宝でした。失敗ならいくらでもネタがあるからです。失敗に次ぐ失敗、しくじり、そんなことで、窮地に追い込まれたり、恥をかいたり、どうしようもなく行き詰まるのです。しかし、そんな弱さの中で、かえって、神様の恵みがあらわされて歩みが導かれてきました。不思議なことです。

 閉会礼拝の中で、あるベテランの牧師が、説教をされました。牧師は、失敗の連続、これでか、これでもかと、失敗を繰り返す。でも、だからこそ、神様の生きたみ言葉が、そのような中で、響いてきて、このような者でも赦されている。このような者でも、救われているこの。このような者でも愛されている。そして、このような者を見捨てないで、期待をかけてくださっている。牧師は、自分の身でもって、神様の恵みを証しをしていくことになる。こんなに素晴らしいことはない。牧師という務めは、こんなにありがたい。とメッセージをもって締めくくってくださいました。

 みなさん、これは牧師のことだけではありませんよ。クリスチャンというのは、このような、聖なる逆転に生きる者です。失敗したり、行き詰ったりするところで、わたしたちは、それを祈りのうちにイエス様のところにもっていくことができます。持っていくことができるというのが、わたしたちの恵みです。一般的には、こういう場合、持っていきようがないのです。持っていく相手がいないのです。だから自分でため込むしかない。自分で処理するしかない。自分で頑張るしかないのです。でも、わたしたちは、弱い時にそのまま、神様に持っていく。すると、瞬間的に、神の愛の顧みの眼を感じるのです。主イエス・キリストの名によって祈る。そこに、イエス・キリストのゆえに、聖なる逆転に与る。

わたしたちは、今日から、逆転の恵みに与りましょう。小さいからこそ、大きな神の恵みによって、新しく歩んで参りましょう。

                    ージのトップに戻る

 説教:神が味方となってくだされば   ローマの信徒への手紙8章31節〜39節 2017.7.9 15
 神様の愛が注がれているという1点が、わたしたちの立脚点です。神様の愛は、わたしたちにおいて溢れ出して、わたしたちの敵というすべての現実に対する勝利としてあらわされることになっているという。それは、わたしたちがすべての問題に対して、負けないでいるということでありましょう。また、すべての問題に対して、向き合って戦うということでしょう。そして、忍耐してやり通すということでしょう。そして、その勝利は結果としてのvictoryという意味よりも、課程プロセスとしてのovercomeです。つまり、克服するということです。また、セルフコントロールが効くということではないかと思います。わたしたちはいろんな問題に、翻弄され、いやいやながらそれをすることになります。いやいやながらするのは、不自由です。人間性が破壊されます。しかし、神様の愛が注がれてきて、わたしたちに力が注がれていきますと、わたしたちは、それを自制して、自分から、コントロールしていきます。周りからコントロールされるのは、隷属関係です。でも、自主的に、わたしたちの側から、コントロールしていく。もっと言うと、愛をもってわたしたちも対処していくようになる。それが、わたしたちの克服という勝利の過程です。

                             ージのトップに戻る   

 説教:万事は益となる   ローマの信徒への手紙8章28節〜30節 2017.7.2  14

 キリスト教の前向きな姿勢、ボジティプシンキング、キリスト教楽観主義があるのです。それはただ、哲学とか、主義いうような思想ではありません。神様という人格的な方が、身近にいらっしゃって、しかも、わたしたちのことを、ほほえましく見てくださっている、そういうわたしたちの味方として、感じていて、深く信頼しているところで起こってくることです。

 このところでは、過去のことについては、あまり神経質に、思い悩まないということがあります。人間関係の難しさとか、人がどう思っているとか、それに対して自分がどう対処したらいいかとか、そういうことを考えることは悪いことではないのですが、人間がどうこうしようとしてもどうしようもないところもあります。ちょっと乱暴な言い方かもしれませんが、そういうことは、忘れてしまっていいのです。そういう過去のごちゃごちゃしたことは、神様にお委ねして、忘れちゃっていい。それよりも、前に向かって、明るく考えていったらいいのです。

何か目標が与えられているなら、その目標に向かっていかに歩むか、それを実際に歩んでいったらいいのです。

 近い未来のことでも、わたしたちはいろいろと、心配します。心配それ自体は悪いことではないのですが、心配しすぎると、思い煩って、身動きできなくなってしまいます。ですから、そういうことも神様にお委ねしていいのです。「神様悪いようにはなさらない。神様は、最善の道を備えてくださっている。神様に従っていったら、すべてはうまくいく。」そう信じて、信頼して、気持ちを切り替えて、エイと前に出て行く。それが、毎週の礼拝でしていることなんです。また毎日のお祈りで、クリスチャンがしていることです。
                      
ージのトップに戻る

 他の年度の 説教から一言
2010年度
2011年度
2012年度
2013年度 
2014年度 
2015年度
2016年度 
2017年度 
最近の
説教から
 2017年8月 
 2017年7月
 2017年6月
 2017年5月
 2017年4月
2017年8月1日更新
説教題をクリックして内容をご覧下さい。
sekkyo
2017年7月 説教から一言
説教題 聖書の箇所 年月日 NO
  説教:「 恵みの視点から考えよう
   コリントの信徒への手紙講解説教―
 コリントの信徒への
 手紙
(一)1章1節〜9節
 
 2017.7.30 18
  説教:「 どこから来て、どこに帰る
     のか
  ヨブ記講解説教―
 ヨブ記章21節〜22節  2017.7.23  17
   説教:「 聖なる逆転はある!
   ―ルカによる福音書講解説教―  
  ルカによる福音書
   1章46節〜56節
 2017.7.16  16
   説教:「 神が味方となって
             くだされば
 
    ローマの信徒への手紙講解説教―
 ローマの信徒への手紙
    8章31節〜39節
 2017.7.9  15 
   説教:「 万事は益となる」 
   ―ローマの信徒への手紙講解説教―
 ローマの信徒への手紙
   8章28節〜30節
2017.7.2 14

ホーム    教会案内    礼拝案内    ジュニア    行事予定    牧師    英会話    パソコン教室
日本キリスト教団 千葉北総教会 のホームページへようこそ
本文へジャンプ


 

説教から一言 2017年度