あなたは多くのことに思い悩み、
           心を乱している。
  しかし、必要なことはただ一つだけである。
      ルカによる福音書 10章41節〜42節
 説教:本当の豊かさとは何か      コリントの信徒へ手紙(二)8章9節 2017.6.25  13

 ここで語られている豊かさは、ただわたしたちが、神様から受け取っていくという動きであるだけでなくて、実は、わたしたち積極的にさしだしていくこと、与える側にまわること、実は、それこそが、豊かな人生だと言っていることが、ここで一番大切なこととして語られていることなのです。それは、「主は豊かであったのに、あなたがたのために貧しくになられた」とあるように、わたしたちも、主イエス・キリストのように、自分自身のいのちを、神様と隣人のために、つまり他者のためにさしだしていくこと。しかも、それを、強制されてではなく、いやいやながらでもなく、愛の動機で、喜んでしていく生活。それを自分の身をささげるという意味で「献身」という言葉を教会ではよく使いますが、献身としてささげる生活をしていくことまで進むのです。愛に生きる生活でもあります。それが、実は豊かな人生として聖書が約束している、神様の祝福です。

 わたしたちは、そんなことは無理と、思われるかもしれません。自分事で精いっぱいと思われるかもしれません。わたしには、それほどの信仰はないし、弱いからとすぐに言い訳をしたくなるかもしれません。しかし、皆さん、主イエス・キリストが、豊かであったのに、あえて貧しくなられたのは、わたしたちが本当の意味で、豊かさに生きるためであったことを忘れてはならないと思います。わたしたちは最初、このような積極的に愛に生きる豊かさ、献身の豊かさを否定したり、抵抗したりするかもしれませんが、実は、わたしたちが受け取ることから、与えることへと一歩踏み出していくところで、実はさらに豊かな祝福に与っていくのです。
 さあ、真の豊かさを受け取る一歩を踏み出して参りましょう。

                       

                      ージのトップに戻る 
 説教:宗教はなぜ必要か   コヘレトの言葉12章9節〜14節 2017.6.18  12

 わたしも、みなさんと同じころ、教会の礼拝に出ていました。いろいろな理由で教会の礼拝の中にいました。そして、いろいろな思いの中にいました。そのところで、出会ってよかったなあと今は振り返っています。キリスト教の中で、人格的な、あたたかい存在と出会いました。イエス・キリストなる神様によって、罪深い自分がまるごと赦され、自分の存在、人生が丸ごと神様の愛に包まれていることを知りました。そして、その神様の愛に応えていく人生が導かれました。拙い土の器ですが、神様の愛を少しでも伝えていく人生が与えられました。それは、本当に、感謝だったと思います。この12章の最初に、「青春の日々にこそ、あなたの造り主に心を留めよ。」とあります。このように、若い時から、出会うことは、その人生が祝福されることです。

 今日のコヘレトの言葉からも学びました。宗教という中心がしっかりしていると周辺のことは自由になる。固いところはしっかり持っていると、かえって人生はおおらかで、豊かになる。神様を拝む生活を確保していると、人生を本当の意味で楽しむことができる。人生は、楽しいのです。喜びなのです。

今まで、宗教ということで、必要でないか、それとも必要であるかと、少し、枠を広げて考えてみました。あとは、みなさんが、これを機会に考えてみていただけたらと思います。そして、もし、あなたにとって宗教は必要と思われたら、今度は、誰かに勧められてではなく、ご自身から、ぜひ、キリスト教会の門をたたいてみてください。キリスト教会は、世界上のいたるところにあります。必ず歓迎して迎えてくださると思います。
                            ージのトップに戻る

 説教:勇気を出しなさい   ヨハネによる福音書16章25節〜33節 2017.6.11 11

 皆さん、苦しみというのは、この人生に、必ずあるものなのだと、イエス様はわたしたちにお語りになっているのだと思うのです。なんでこんな苦しみがあるのだと、わたしたちは、苦しい時に思うでしょう。でも、この人生、苦しみは、あるのです。そして、苦しみがなくなってしまうという奇跡をわたしたちは期待するかもしれませんが、イエス・キリストが苦難の道のりを通られたということは、わたしたちも、苦難がなくなってしまうことを期待するのではなく、苦難にいかに、立ち向かい、苦難にいかに、耐え抜き、苦難をいかに克服していくか、その歩みが大切だとここで、そしてご生涯を通して、仰っているのではないでしょうか。

 その時に、忘れないでください。この世の苦難に勝利されている主イエス・キリストがおられるということを。そして、わたしたちの苦難のただ中に、共に、わたしたちの側らに、寄り添っておられるということを。
 さあ、勇気を出して歩んでいこうではありませんか。共に、勝利の凱旋パレードに連なることを希望として。

 
                            ページのトップに戻る   

 説教:うめき声が聞こえる   ローマの信徒への手紙8章18節〜30節 2017.6.4  10

 わたしたち自身の祈りはまことの弱いものです。しかし、わたしたちには、聖霊の執り成しがありますから、共に祈り、共に働かせていただくのです。それは、祈るということにのみよる働きかもしれません。しかし、祈りは世界を動かすのです。

 『祈りの精神』という本を書いた、スコットランドの牧師PTフォーサスは、この本の中で、祈りは、神の意志を変えることはできないが、意向を変え得ると述べています。たとえば、わたしが、ここから新宿に行くとして、バソコンで路線を調べると、ここが一番最短、一番安いと答えが返ってきます。でも、どうしても、違うルートで新宿に行きたいとなれば、それもまた可能ですよね。神様の意志は変わらないが、意向は変わるとは、そういうことです。そして、神様は、そのようにわたしたちに祈りをもって、参与することを喜んでくださる。わたしたちの祈り、神の業の参与をほんとうに喜んでくださるのです。

 そこで、「万事を益と」為す、神様さまの恵みが、発揮されます。神様は、万事を益となして、わたしたちの救い、そして、全被造物、世界、地球、宇宙の救済をご計画されています。わたしたちにとって行き詰まりや、不利も困難と思われることも、この神の救済のご計画に用いられます。最後には、神様のみ救いが、世界に現されます。それを希望といたしましょう。また、聖霊の助けを頂いていること、その一つとして、祈りが与えられていることを感謝して受け取って、新しい出発をここからさせていただきましょう。
                      
ージのトップに戻る

 他の年度の 説教から一言
2010年度
2011年度
2012年度
2013年度 
2014年度 
2015年度
2016年度 
2017年度 
最近の
説教から
 2017年8月 
 2017年7月
 2017年6月
 2017年5月
 2017年4月
2017年7月1日更新
説教題をクリックして内容をご覧下さい。
sekkyo
2017年6月 説教から一言
説教題 聖書の箇所 年月日 NO
  説教:「 本当の豊かさとは何か       コリントの信徒への
   手紙
(二)8章9節
 
 2017.6.25  13 
   説教:「 宗教はなぜ必要か
   ―コヘレトの言葉講解説教―  
  コヘレトの言葉
   12章9節〜14節
 2017.6.18  12
   説教:「 勇気を出しなさい  
    ヨハネによる福音書講解説教―
 ヨハネによる福音書
  16章25節〜33節
 2017.6.11  11 
   説教:「 うめき声が聞こえる」 
   ―ローマの信徒への手紙講解説教―
 ローマの信徒への手紙
   8章18節〜30節
2017.6.4 10

ホーム    教会案内    礼拝案内    ジュニア    行事予定    牧師    英会話    パソコン教室
日本キリスト教団 千葉北総教会 のホームページへようこそ
本文へジャンプ


 

説教から一言 2017年度