神の霊によって導かれる者は皆、           神の子なのです。
      ローマの信徒への手紙8章14節
 説教:あなたの造り主は誰ですか?      コヘレトの言葉11章7節〜12章8節 2017.5.28  

 

「青春の日々にこそ、お前に創造主に心を留めよ。」と、あります。若いうちに、神様のことを知るのが良いということです。それは、今ご一緒に確認した、愛に満ちた神様の眼差しの中にあるわたしたち自身であることを知る。そこに、この人生空しく生きていくのではなく、充実して生きていく、支えがあり、励ましがあり、使命、ミッションがあるということです。そのミッションに従って、人生を生きていくのです。このミッションは、中高年になれば、中高年なりに、高齢者になれば、高齢者なりに、最後の最後まで与えられているのです。それは、それは地上の生涯が、ゴールではないのです。永遠のみ国、永遠のいのちという約束を主イエス・キリストが、復活されてわたしたちに示されました。ですから、この世の死は、中間地点なのです。そういう意味では死という中間地点まで、走り抜く、そういう途上でのミッションがあります。

下を向いてはいられません。上を向いて、歩いて行きましょう。後ろを向いて嘆いてばかりいては、この人生をだいなしにしてしまいます。神様か共にいてくださると信じて、前向きに、歩んで参りましょう。こう言うのです。「わたしには神様いただいたミッションがある。わたしには、夢やビジョンがあるのです。」

                     ージのトップに戻る

 説教:つながる   ヨハネによる福音書15章1節〜10節 2017.5.21  

先週の中で、千葉北総教会の教会エリヤは、北総分区といいますが、その北総分区で長く牧会された、島津虔一先生が、86歳で天に召されまして、その葬儀がありました。前夜式、葬儀とも、弔辞をわたしは担当しました。そのことで、島津先生のご生涯を振り返ることになったのですが、島津先生のご生涯を一言で表現するとしたら、「仕える」人生だったと言ってよいと思います。主なる神様に仕え、教会に仕え、そして、出会われるすべての人に仕えられた生涯でした。そこには、喜びが溢れ、豊かな実りが神様からたくさんあらわされました。この2月に癌が、肝臓をはじめ、体を蝕んでいることがわかり、余命2カ月以内とお医者に宣告されての最後の数カ月でしたが、3月末まで講壇に立ち、御言葉を語り続けられ、また、佐倉の病院では、約70名の方々がお見舞いにかけつけ、最後のお別れができました。わたしも、30分ほど、いろいろなお話をしました。「死ぬことに対しては、まったく恐れがない。むしろ楽しみなくらいだ。」と仰っていました。最後まで、主にある交わりを大切にされ、また喜ばれ、一人一人のために、また教会のために、北総分区のために祈ってくださいました。言葉では言い尽くせませんが、島津先生の最後のお姿に接して、主は生きておられるということ、そして、主にお仕えしていけば、間違いかない。わたしたちにも、その希望があることを確かに知ることがでてきました。皆が、皆、島津先生のようには歩めないでありましょう。しかし、主は従うすべての者に、豊かな祝福の実りを約束してくださっています。主に結ばれて、わたしたちもわたしたちなりに、与えられた生涯を歩んで参りましょう。
                          ページのトップに戻る

 説教:広い所へ   サムエル記下22章1節〜20節 2017.5.14

今日は、千葉北総教会の創立記念礼拝となっています。5月11日が日本基督教団に正式に伝道所としてスタートが認められた日です。前史を合わせると、プラス35年くらい祈り続けられてきた歩みです。特に、わたしたちが知っている13年間の教会の歩みは、まさに、このダビデの言葉に一致しています。苦難の狭い場所にどれほどはまってしまったか、数え上げることができません。最初の2年半、木刈の借家で始まった伝道所時代だけが、順風、あとの5年くらいは、逆風、広い土地が与えられ、会堂ができて、ここ5−6年でようやく、なんとか安定の時がやってきたところでしょうか。一番つらかった時代のことを思い起こしてみますと、どうやってあの不安定な中で耐えられたのかと今では不思議に思えるほどであります。わたしたちが信仰的に強かったとか、正しかったとか、偉かったということではまったくないのであります。ただ、生きておられる神様が、憐みと慈しみを持って覆ってくださり、盾となり、岩となって、苦難の道のりを一番底のところから、根底から支えてくださったというしかないのです。そのことからも、わたしたちは、今日聖書が語っていることですが、本当に確信をもって語ることができるのではないでしょうか。「わたしを広いところに導き出し、助けとなり、喜び迎えてくださる。」苦難の中から解放してくださった神様は、これからも、どんな苦難が待ち受けていたとしても、そこから救ってくださるに違いない。「広い所へ」導いてくださる。きっとそうしてくださるではなく、必ずそうしてくださるのです。慈しみ深い神様は、権威ある力、全能のお力をもって救ってくださる神様です。わたしたちは信じ、確実にそう与えられると、もう今から感謝し、賛美したらいいのです。お従いして参りましょう。アーメン、ハレルヤ!
                            ページのトップに戻る   

 説教:聖霊の実りを受け取って歩む   ローマの信徒への手紙8章12節〜17節 2017.5.7  
  昨日、フェイスブック上で、「主の祈りは世界の危機を救う」という文章を読みました。週報の裏面で紹介しています。アーメンと思いました。祈りは神様から与えられた武具です。主の祈りは、その中でも最強の武具ではないかと思います。

3に、苦難も恵みとして与えられている。そのことを聖霊の導きの中で受け取らせていただくのです。苦難に遭遇すると最初は、いやなものです。本当にその時には、打ちのめされたり、また心が沈んでしまうのです。人間的には、常識的には、苦難とは、そういうものでしょう。できたら遠ざけたいものです。しかし、神様は、わたしたちに苦難を通して、恵みをあらわそうとされることがあります。苦難の中には、いわれのない苦難や、理に合わぬ苦難、納得できないものもありますでしょう。しかし、不思議なことに、キリストと共に生きていく上で、苦難を与えられるということがある。実際に、迫害を受けることもある。生活に行き詰ることもある。そのところで、キリストが、共に苦しみを担ってくださいます。そして、苦難を通して、キリストから、喜びや望みも与えられる。イエス・キリストを信じる救いは、罪の赦しと永遠のいのちと最初にお話しました。永遠のいのちという約束は、実は、この苦難という試練を通して、わたしたちによりはっきりと、受けとれるようになっている。ですから、苦難も恵みとなります。

苦難を受けているのに、感謝したり、喜んでいる。クリスチャンというのは、ほかから見ると、まことに、おかしな生き方に見えるでしょうか。それとも、そこには、何か不思議な魅力として映るでしょうか。どのように映るかは、ほかの人にまかせるとして、わたしたちとしては、せっかく、クリスチャンとして、新しい生き方へと招かれたのですから、この歩みを全うさせていただきたいと願うものです。聖霊を信じ、聖霊の導きに委ねて、今日、与えられ、示されている一歩を踏み出して参りましょう。
                      
ージのトップに戻る

 他の年度の 説教から一言
2010年度
2011年度
2012年度
2013年度 
2014年度 
2015年度
2016年度 
2017年度 
最近の
説教から
 2017年8月 
 2017年7月
 2017年6月
 2017年5月
 2017年4月
2017年6月1日更新
説教題をクリックして内容をご覧下さい。
sekkyo
2017年5月 説教から一言
説教題 聖書の箇所 年月日 NO
  説教:「 あなたの造り主は
         誰ですか?
      
 コヘレトの言葉
  11
章7節〜12章8節
 
 2017.5.28  9 
   説教:「 つながる      ヨハネによる福音書
   15章1節〜10節
 2017.5.21  
   説教:「 広い所へ    サムエル記下
   22章1節〜20節
 2017.5.14  7 
   説教:「 聖霊の実りを
        
受け取って歩む」 
 ローマの信徒への手紙
   8章12節〜17節
2017.5.7

ホーム    教会案内    礼拝案内    ジュニア    行事予定    牧師    英会話    パソコン教室
日本キリスト教団 千葉北総教会 のホームページへようこそ
本文へジャンプ


 

説教から一言 2017年度