あの方は復活なさって、
     ここにはおられない。
     マルコによる福音書16章6節 
 説教:良い羊飼いのもとに      ヨハネによる福音書10章7節〜21節 2017.4.30  

 

大胆さということでは、教会ということでも、事業ということでも、わたしたちの人生のことでも、実はいろいろあるのではないでしょうか。それらを聖霊の促しに従って、勇気を持ってするのです。伝道においても、教育ということにおいても、愛の奉仕という点でも、この信仰の冒険として、投資をするということが大切であることを心に刻んでおきましょう。イエス様も仰いましたよ。弟子を招かれた時に、「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい。」ルカ5:4

 男だけで5000人の人を養われた時、あえて、主は、余りを数えさせました。12のかごにいっぱいだった。マタイ14:20 これは、ある意味、無駄です。しかし、この無駄を祝福としてくださっている。ナルドの香油をささげた婦人に対して弟子たちは「無駄遣い」だと叱りました。主は、その弟子たちを叱り、「この人は、わたしに良いことをしてくれた。」と価値を評価されました。マルコ14:6

 無駄が大事なこともあるのです。いや大事なことを取り扱うときは、無駄とも思えることが必要なのです。効率とか、合理的にわりきれないところがあります。機械でも、「遊び」の部分が大事なように、無駄なことをしているようで、本当は無駄ではないのです。潤滑油が大切です。潤滑油とゆう無駄も大切。大胆に!という生き方は、夢を持つ生き方とも言えるかもしれません。主にあって、夢を持つのです。「老人は夢を見、若者は幻を見る。」ヨエル3:1、使徒2:17

 わたしたちは、主なる神様に、この先のことは委ねつつ、今こそ、大胆に、かつ堅実に、歩みを進めて参りましょう。祈ります。
                      ージのトップに戻る

 説教:希望のパンを水に投げ   コヘレトの言葉11章1節 2017.4.23  

 大胆さということでは、教会ということでも、事業ということでも、わたしたちの人生のことでも、実はいろいろあるのではないでしょうか。それらを聖霊の促しに従って、勇気を持ってするのです。伝道においても、教育ということにおいても、愛の奉仕という点でも、この信仰の冒険として、投資をするということが大切であることを心に刻んでおきましょう。イエス様も仰いましたよ。弟子を招かれた時に、「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい。」ルカ5:4

 男だけで5000人の人を養われた時、あえて、主は、余りを数えさせました。12のかごにいっぱいだった。マタイ14:20 これは、ある意味、無駄です。しかし、この無駄を祝福としてくださっている。ナルドの香油をささげた婦人に対して弟子たちは「無駄遣い」だと叱りました。主は、その弟子たちを叱り、「この人は、わたしに良いことをしてくれた。」と価値を評価されました。マルコ14:6

 無駄が大事なこともあるのです。いや大事なことを取り扱うときは、無駄とも思えることが必要なのです。効率とか、合理的にわりきれないところがあります。機械でも、「遊び」の部分が大事なように、無駄なことをしているようで、本当は無駄ではないのです。潤滑油が大切です。潤滑油とゆう無駄も大切。大胆に!という生き方は、夢を持つ生き方とも言えるかもしれません。主にあって、夢を持つのです。「老人は夢を見、若者は幻を見る。」ヨエル3:1、使徒2:17

 わたしたちは、主なる神様に、この先のことは委ねつつ、今こそ、大胆に、かつ堅実に、歩みを進めて参りましょう。祈ります。

                            ージのトップに戻る
 説教:永遠の旅路に同行される主   ルカによる福音書24章13節〜35節 2017.4.16
 わたしたちは、いつも、息を吹き返してきたのです。復活の主が共にいてくださったから、わたしたちに、生きる勇気と、元気と、喜びを与えてくださいました。わたしたちは倒れてしまいそうでしたが、どっこい、いつも、立ち上がって、元気よく歩み続けてきたのです。復活、それは、わたしたち自身の復活でもあります。わたしたち自身が再生され、わたしたち自身が、生き生きとして、支えられ続けてきたのです。そして、わたしたちの歩みには、希望があります。この希望に向けて、わたしたちの心を引き上げてくださる。この世では貧しく、たとえこの世的に報われなかったとしても、天に報いがある。「よくやった。忠実は僕よ。」と天国の高みにおいて、報われる。
 みなさん、キリスト教の、最大の特徴は、明るいということです。底抜けに明るい。それは、特に復活の信仰があるからです。主イエスが復活され天に挙げられたゆえに、その主が旅路に同行されるため、わたしたちも、再生、復活、そして、完成に向かって、前に向かう歩みがゆるされています。それができるようにされているのです。
 

                            ページのトップに戻る   

 説教:剣を取る者は皆、剣で滅びる   マタイによる福音書26章47節〜56節 2017.4.9  
 

今、今年、受難節の中を歩み、受難週を迎えるにあたって、改めて、イエス様の十字架のお姿を見つめるにあたり、今回、わたしは新しい発見をさせていだたきました。それは、「剣をさやに納めなさい。剣を取る者は皆、剣で滅びる。」ここには、イエス様の十字架の救いの意味だけでなく、イエス様の生き様、死にざま、そういう姿勢がよく表れているところとご紹介しましたが、はっと気づかされたことは、わたしにとって、このような主イエスと自分自身は、とても比較にはならないことですが、それでも、いつのまにか、主イエスに倣って、自分もそのように生きていきたい。そのような生き方、死に方をしようと、あこがれ、少しでもされに近づけていきたいという願いが、起こされているのです。そういう道しるべとして、迫ってくるということを改めて発見しました。

皆さんにとっては、どうでしょう。2017年の受難週に、改めて、十字架の主イエスを祈りにおいて、見つめ、わたしたち自身をも見つめなおし、主によって新しい出発を導かれて参りましょう。新しい出会いと発見がありますように。2017年のイースターは、新しいいのちの光が射しこみますように祈ります。
                      
ージのトップに戻る

 説教:二本のレール   ローマの信徒への手紙8章1節〜11節   2017.4.2  

最後に、キリスト者の一人の人の証しをいたします。この人は、金田(かなだ)福一という牧師、伝道者です。わたしが前任地の高知県の宿毛市で牧会をしていました時に、隣が愛媛県でして、県境を超えて行きますと、城辺町というところがあります。その城辺教会の代務をしました。その教会の地、愛媛県城辺町出身の方です。金田さんは、その城辺の町を流れる僧都川の中州に掘立小屋のような住まいをもって家族で暮らしていました。大変貧しかったからです。病弱で、職も失い、お連れ合いのアルバイトでなんとかかんとか、食いつないでいました。金田さんとお連れ合いはクリスチャンでした。しかし、いろいろと罪を犯して教会に行かない生活が続いたそうです。どんな罪かはわかりません。おっしゃっていません。長い年月、教会生活、信仰生活は遠のいていました。子どもは6人いました。家にある売れるものは、すべてお金にしました。それでも医療費と生活費にたりなく、借金を重ねました。ある時、お連れ合いが言うのです。「死にましょう。もうとても生きていけません。」「何をばかなことを言うのか。クリスチャンがどうして死ねるのか」と夫がどなりつける。しか、希望があるわけではなかったのです。あるのは、真っ暗な絶望感と自暴自棄な気持ちだけだったそうです。

ある時、大雨が降って川が増水し、もう少しで、家もろとも流されてしまうところでした。胸まで、水につかって一人の人が渡ってきました。その地の教会の牧師だったのです。こどもたちを肩に乗せて、命からがら全員川を渡り、避難できたのです。そのことがあって、金田さんの中に、少しずつ変化が起こっていきます。「不信仰な生活をして教会から遠ざかっていたわたしたちを神様と教会は、見捨てないでいてくださった」という思いが与えられるのです。

そんなある時、河原を歩いていた金田さんに、一つのかたりかける声が響いてきた。「お前は救われているのではないか。キリストのいのちが、お前には流れているのではないか。」静かなる声でした。特別に劇的な感動するということではなかった。でも、主が十字架におかかりになったのは、私の罪のため、そして復活なさったのは、そのお命をわたしにそそいでくださるためだったということが、頭で理解するというのではなく、確信として与えられていったそうです。それから、変化が起こります。主のおいちのが注がれていることを確信した日から、いつでも、何ごとでも、生も死も、感謝してお受けしていくことができるようになったのです。その後も、結核になったり、失業と貧困の日々は一層深刻になっていくのですが、感謝と喜びは動かないものになっていくのでした。

「感謝しようではないか」この言葉は、それからの金田家の合言葉のようになりました。どんなに貧しくとも、どんな苦境に陥っても、ご家族の方々と感謝の祈りを欠かすことなく、続けられていきました。

生きておられる主イエスが、金田家に来てくださり、ご支配してくださり、賛美となって現れていったとのことです。その先のことは、省略します。金田さんは、その後、愛媛県の、三島真光教会の牧師として招聘をうけて、伝道者として、伝道文書を執筆されることなどを通して、大変大きな働きをなされるようになります。しかし、その豊かな実りの原点は、絶望の河原で、聞こえてきた声だったのです。

                              ージのトップに戻る

 他の年度の 説教から一言
2010年度
2011年度
2012年度
2013年度 
2014年度 
2015年度
2016年度 
2017年度 
最近の
説教から
 2017年8月 
 2017年7月
 2017年6月
 2017年5月
 2017年4月
2017年5月1日更新
説教題をクリックして内容をご覧下さい。
sekkyo
2017年4月 説教から一言
説教題 聖書の箇所 年月日 NO
  説教:「 良い羊飼いのもとに  
     ヨハネによる福音書講解説教― 
 ヨハネによる福音書
    10
章7節〜21節
 
 2017.4.30  5 
   説教:「 希望のパンを水に投げ      コヘレトの言葉
       11章1節
 2017.4.23  
   説教:「 永遠の旅路に
             同行される主
 
 ルカによる福音書
   24章13節〜35節
 2017.4.16  3 
   説教:「 剣を取る者は皆、
            剣で滅びる」 
 マタイによる福音書
   26章47節〜56節
2017.4.9
   説教:「 二本のレール
   ―ローマの信徒への手紙講解説教― 
 ローマの信徒への手紙
    8章1節〜11節
 
 2017.4.2  

ホーム    教会案内    礼拝案内    ジュニア    行事予定    牧師    英会話    パソコン教室
日本キリスト教団 千葉北総教会 のホームページへようこそ
本文へジャンプ


 

説教から一言 2017年度