あなたの重荷を主に委ねよ。
    主はあなたを支えてくださる。
  主は従う者を支え、とこしえに
   動揺しないように計らってくださる。
    
    詩編 第55編23節    
 説教:空しさを満たすもの    コヘレトの言葉 1章1節〜18節
 ヨハネによる福音書 2章1節〜12節
2016.4.24

空しさに3つあります。一つは、すべてのことは過ぎ行くということです。栄枯盛衰。栄える時もあれば、没落する時もある。『平家物語』の無常観と似ています。

第二は、どんなに新しいことを取り組もうしても、それは昔あったことのコピーに過ぎないということです。新しいものは何もない。新しいことに挑戦しようとする人のやる気をそぐ言葉です。結局はたいしたことは何もできない。どんなに頑張っても、川の流れを変えることはできない。

第三は、忘れられてしまうということです。どんなに、頑張っても、どんなに自分の関わる組織や団体、地域に貢献したとしても、名声を得たかのように思っても、結局忘れさられてしまう。その名も忘れてしまうというのです。わたしたちは、よく忘れます。人の名前がなかなか出てこない、いろいろと忘れるとショックを受けますが、逆に自分が忘れられてしまっているということは、さらに精神的に応えることですね。自分は結局、そういう存在だったのか。「用が済めば、もういらない。」と捨てられる。歳をとれば、ご用済みとなる。記憶から抹消される。その時に、空しさは極度に達します。

しかし、みなさん、ここが結論ではない。それが、救いなのです。そして、希望です。空しさを本当に克服する道は、神を畏れることです。そして、その心を満たす方は、主エス・キリストです。主によって空っぽの壊れた土の器は、豊かなぶどう酒(祝福)で溢れるという奇跡が起こります。

                            ページのトップに戻る

 説教:信仰の従順を目指して  ローマの信徒への手紙 1章1節〜7節  2016.4.17  

 このローマ書を読んでいくと、教えられていくのですが、人間というのは、ほっておくと、いい方に転がっていくかというと、そうじゃないんですね。むしろ、ほっておくと悪い方へ、悪い方と転がっていく。それが、肉という人間の原理なのですね。罪と死の法則とあとでてきます。人間とは、いいところも一杯ある。そうなのですが、同時に、どうしようもなく悪いとこもある。そういう肉の法則からがんじがらめになっているというのが、人間の深い問題性です。その解決は、それを、わたしたちが、これからこの書で、学んでいくところなんですが、この解決のカギになっているのが、イエス・キリストという御名であります。キーパーソンですね。イエス・キリストとわたしたちが、信仰において一つとされているということから、わたしたちは、イエス・キリストの死と葬りを通り、復活を通って、新しい命に生かされる。それこそが、霊において解放されることである。霊において、わたしたちが、悔い改める、そして、聖霊に導かれた生活をする。そこで、肉という生き方から解放されていく、そこで、信仰の従順へと導かれる。今回だけではわかりにくい内容でありましょう。でも、そうやって、わたしたちすべてのものが、変えられていく福音をいただいているということが、ローマ書の中心メッセ―ジであります。

                              ページのトップに戻る

 説教:見ないで信じる者の幸い  ヨハネによる福音書 20章24節〜31節   2016.4.10  

信じる世界へ。それは、愛を信じるという世界です。まず、主イエス様を通して神様の愛をわたしが信じるということへ招かれています。トマスはあるがままを受けいれられました。そのように、わたしをあるがままで受け入れ、愛をもって覆ってくださる神様の愛があります。わたしたちの「トマス」を主は探し出し、追いかけ、深く受けいれ、抱きかかえてくださる。見えないものを信じにくいわたしたち。神様のことも、なかなか信じられないわたしたち。信仰的に、本当に弱く貧しいわたしたち、このわたしたちの罪を十字架の傷によって癒してくださる。そうしてゆるしの中においてくださる。

そのような大きな神様の愛の中をわたしたちは信じて生きられる。そのことが、わたしたちの大きな平安となります。魂の安堵があります。

 そして、他者に向けて。わたしたちは、人間を信じられるのか。人間を信用できるのか。自分自身を含めて、家族も、他人も、なかなか信じにくい現実がありますね。神様は、人間を信じていないのかというと、やはり、わたしは、信じておられると思うのです。神様は、独り子を遣わしてくださり、十字架につけてくださった。人間性に対する期待、希望がそこにあります。わたしたちは、だからこそ、愛に生きるのではないでしょうか。裏切られても、あきらめない。友情や、愛、真実を深いところで、信じつつ、他者と共に、生きていくのです。人は、愛によって変わると信じて、愛に賭けていく。そのように導かれるのです。

                      ページのトップに戻る
 説教:主にゆだねよ   サムエル記上 1章21節〜28節   2016.4.3  

 母ハンナが神様に息子サムエルをささげた。なんでせっかく授かった一人息子を、神様にささげちゃったのだろう?そのようにわたしたちは思うかもしれません。ひょっとしたら、ハンナは、女の戦いに勝ったから、もう満足して、育児を放棄した?いわゆるネグレクト?そんなことではないのです。これは、サムエルを神様の愛のみ手に委ねるということだと思うのです。委ねるというのは、自分の手から、神様に手に渡す。自分の所有から離すということでありましょう。そして、一旦離したところで、もう一度、神様からの贈り物、あるいは預かりものとして受け取りなおすということだと思います。

 この聖書は、教会で、幼児祝福式の時に読まれる式文に使われているところです。一旦自分の所有から離し、神に信頼して委ねる。そして、そこからもう一度神様からの預かり者として、受け取りなおす。子どもたちを自分の所有として考えてしまう。それが、今日の教育の深い問題です。親の所有物としての子ども。その親の支配からなかなか抜け出せない子どもたち。それは青年から大人になっても続く問題です。そして、その自分の手で握るということがあるから、実はわたしたちは苦しむのです。苦しみの多くの原因は、自分の所有として握りしめるからです。これは、子どもの教育だけではないのです。夫婦間のことも、他の人間関係にしても、財産にしても、健康、老後、すべてにおいて、わたしたちが手から握りしめているものを離すならば、その苦しみは消えるのです。恐れと不安は自分の手で握っていなくてはと思っているからこそ起こる。主に委ねよ。

                           ページのトップに戻る
 他の年度の 説教から一言
2010年度
2011年度
2012年度
2013年度 
2014年度 
2015年度
2016年度
最近の
説教から
 2017年3月
 2017年2月
 2017年1月
 2016年12月
 2016年11月
 2016年10月
 2016年9月
 2016年8月
 2016年7月
 2016年6月
 2016年5月
 2016年4月
2017年3月1日更新
説教題をクリックして内容をご覧下さい。
sekkyo
2016年4月 説教から一言
説教題 聖書の箇所 年月日 NO
   説教:「 空しさを満たすもの 
     ―コヘレトの言葉講解説教―
 コヘレトの言葉
      1章1節〜18節
 ヨハネ福音書
      2章1節〜12節
 
2016.4.24
   説教:「 信仰の従順を目指して
      
―ローマ書講解説教― 
 ローマの信徒への手紙
      1章1節〜7節
 
 2016.4.17  3 
   説教:「 見ないで信じる者の幸い
      
―ヨハネ福音書講解説教―
 ヨハネによる福音書
    20章24節〜31節
2016.4.10
   説教:「 主にゆだねよ
     ―サムエル記
講解説教
 
 サムエル記上
     1章21節〜28節
 
 2016.4.3  

ホーム    教会案内    礼拝案内    ジュニア    行事予定    牧師    英会話    パソコン教室
日本キリスト教団 千葉北総教会 のホームページへようこそ
本文へジャンプ


 

説教から一言 2016年度