友のために自分の命を捨てること、
     これ以上に大きな愛はない。
    
ヨハネによる福音書 15章 13節 
 説教:信仰の冒険をせよ      創世記 12章1節〜4節
  ルカによる福音書
 5章1節〜11節
  
2015.4.26

人生の旅で一番大切なことは、何か?聖書はなんといっているか。創世記12:4「アブラムは、主の言葉に従って旅立った。」この「主の言葉」神様の言葉ですね。それは神様の約束の言葉ですね。そして、それに従うということ、それは信仰ということだと思います。神様の約束の言葉に従う信仰、それが、アブラムとしての出発点だけでなく、これは後にアブラハムと名前が変わっていくことになってからも、生涯を通して、彼の旅路を導いたことだったでしょう。そして、そこに祝福があるという。それが、神様の約束してくださっていることです。それでは、その約束された祝福のなかみはなんでしょうか。先ほどの、シャガールのアブラハムの絵の上のほうに、大きな手が上からさしのべられている部分がありましたね。横の木の大きさからして、あまりにも大きな手です。それは神様の御手をあらわしています。神様を信じて、その言葉に従って旅をしていく中で、神様が大きな御手をもって、わたしたちを導いてくださる。敵の放つ矢から盾となって護ってくださる。傷つき意気消沈している時に御手で握りしめて励ましてくださる。罪に破れて失意している時に、赦しと御愛をもって包んでくださる。どん底とも思える苦境の中で一番下から支えてくださる。愛の神が共におられる。これこそが約束された祝福でなくてなんでしょう。信仰の冒険は、必ず報われる日が来るのです。信仰の賭けに失敗無し!「信じて良かった。期待して待ち続けてよかった。すべては良かった」と心から喜べる時が来る!

                           ページのトップに戻る

 説教:命の食卓への招き      ルカによる福音書 24章36節〜43節 2015.4.19

復活されたイエス様がなされた平和の挨拶は、ヘブライ語でシャロームといいます。単なる魂の平安だけでなく、健康、生活、経済などの祝福と、広く、深い意味がありました。しかも、イエス様が仰っていることでさらに豊かな意味が加わりました。こういう風に言うことができます。

第一は、もう苦しまなくっていい、ということです。あなたは自分を責めたり、心にわだかまりを持ちつつ、誰かの眼を気にして生きてきたかもしれない。しかし、イエス様によって、あなたは赦されている。神様と和解しているだから、もう苦しまなくっていいのです。

第二は、自分で頑張らなくていいということです。今まであなたは自分でやらなくてはいけない。自分が頑張らなくてはいけないと自分に鞭うってきたかもしれない。けれど、イエス・キリストが復活された。見には見えないけれど一緒に歩んでくださるという。イエス様がわたしの代わりに重荷を担ってくださるし、人生の荷だけでない、わたしたちごと持ち運んでくださるという。だからもうあなたが頑張らなくっていいということです。

第三は、イエス様を信じていたら、元気と勇気をいただく。死を超えている復活の希望がイエス様のもとにはあります。その希望によって人生に対する勇気が与えられます。さらに元気を与えられます。わたしたち自身が、復活させられるのです。それは将来の約束ということだけでなく、日々、復活させられるのです。

あなたもいのちの食卓へ招かれています。           シャローム

                               ページのトップに戻る
 説教:主は共に歩まれる    ルカによる福音書 24章13節〜35節  2015.4.12

この教会と共に歩んでおられるNPO法人めぐみの家に、エマオという施設があります。施設の名前を天に召された前理事長につけてほしいと言われたので祈っておりますと、エマオの物語を思いおこしました。それでエマオと名付けられることになりました。その同時期、わたしは気づかなかったのですが、東日本大震災の復興支援のために、この教団でも各地にサポートセンターが設置されましたが、その施設名はエマオだったのです。このことは単なる偶然とは思えませんでした。すべての人の旅路に同行される方がイエス・キリスト様であるということの証しではないかと思ったのです。クリスチャンであるとかないとか関係なくです。

それに気づくということが信仰でありましょう。そして、その気づきは神が与えてくださる。ふさわしい時に、ふと気づくと、そこに主がいますのであります。信仰によって主イエス・キリストを見る時に、わたしたちの人生に大きな変化が起こります。将来に対する不安と恐れ、逆に過去をくよくよと悔やんだり恨みつらみの後ろ向きの心はいつのまにか消え去り、かわりに、平安と明るく生き生きとした希望が溢れる。それは聖霊が呼び起こす奇跡です。しかし、本当にその奇跡があって、わたしたちの歩みが支えられるのです。それはある生命ともいえますが、永遠の愛がわたしたちの心の内側で燃えるということでもあります。この炎は、わたしたちを根底から燃やし続ける。どんなに困難な状況に追い込まれても死に直面する時でも消えない、永遠の炎です。

                            ページのトップに戻る

 説教:主は先立って歩まれる     ヨハネによる福音書 20章1節〜18節   2015.4.5  1

わたしたちは、生きていくうえでの現実的な厳しさと向き合っています。苦しい時に、悲しい時に、過去に振り返る。それは悪いことではないですよね。過去から学んだり、過去を反省して、よい未来を築いていくこと自体は悪いことではないですし、むしろ、必要なことでもあります。しかし、わたしたちは、過去に振り返ることを通して、罪と悪に縛られていた自分、そういう古い自分からもなかなか自由になれないところがあります。そういう過去への振り返りに対して、もう一度振り返りし直す、未来に向けて向き直る、それが、復活の主との出会いの中で、特に導かれていることです。

復活の主との出会いの中で、わたしたちにはどんな未来が開けているのでしょう。それは、罪の赦しを受けているわたしを信じるということです。また、主イエス様と共に、新しいいのちに誕生しているわたしを信じるということです。自分自身の内にある可能性ではなくて、聖霊によって新しく歩むわたしの可能性を信じるということです。18節を見ますと、マリアは、いつの間にか立ちあがっています。復活の主の証人として歩みはじめている。わたしたちも、そうやって立ちあがってきたでしょう。主は先に立って歩んでおられます。わたしたちも教会も新しくされているものとして未来を信じ希望をもってここから歩みはじめようではありませんか。
                    ページのトップに戻る

 他の年度の 説教から一言
2010年度
2011年度
2012年度
2013年度 
2014年度 
最近の
説教から
 2016年3月
 2016年2月
 2016年1月
 2015年12月
 2015年11月
 2015年10月
 2015年9月
 2015年8月
 2015年7月
 2015年6月
 2015年5月
 2015年4月 
2016年3月22日更新
説教題をクリックして内容をご覧下さい。
sekkyo
2015年4月 説教から一言
説教題 聖書の箇所 年月日 NO
   説教:「 信仰の冒険をせよ     創世記 12章1節〜4節
  ルカによる福音書
      5章1節〜11節
2015.4.26  
   説教:「 命の食卓への招き    ルカによる福音書
     24章36節〜43節
2015.4.19  
   説教:「 主は共に歩まれる    ルカによる福音書
     24章13節〜35節
2015.4.12  2
   説教:「 主は先立って歩まれる   ヨハネによる福音書
     20章1節〜18節
 
 2015.4.5  1 

ホーム    教会案内    礼拝案内    ジュニア    行事予定    牧師    英会話    パソコン教室
日本キリスト教団 千葉北総教会 のホームページへようこそ
本文へジャンプ


 

説教から一言 2015年度