思い悩むな。明日のことは
    明日自らが思い悩む。
   
マタイによる福音書 6章34節 

 説教:信じる者になりなさい      ヨハネによる福音書 
         20章19節〜31節
 
2014.4.27

「見ないのに信じる人は幸いである。」見えることは、信じる世界とは相いれない価値観であったり、わたしたちを絶望されることばかりあります。しかし、それにもかかわらず、信じる。それは闘いをも意味いたします。わたしたちを取り巻く見える現実を信じないで、見えないところを信じる。自分自身のこと、身の回りの人、身の回りで起こってくる厳しい現実、その中で、それでもわたしは信じる。にもかかわらず、信じる。信仰の闘いです。それは闘いでありますが、まことに、わたしたちの心を賛美と平安とに満たして、引き上げられる闘いです。

わたしは、癌の告知を受けて、厳しい闘病生活をされた、高知県佐川教会の山崎恒子姉のことを思いおこします。山崎さんは、ある牧師とのいのちの交流を得て、信仰を支えられていました。その際に、その牧師に語っていたことがあります。自分が今末期がんで闘病していること、愛する家族と別れること、死んでいくことを、信じない。信じないというと誤解を招きますが、まことの現実としては信じないという意味です。まことの現実は、わたしは、クリスチャンで、罪ゆるされていること、神の子として愛されていること、天国で、みなさんと再会ができること、天国の祝宴を信じるのです。今の見える現実は、仮の姿で、この苦難はすぎゆく現実なんだ。それで山崎さん、毎朝祈って、一日をはじめるわけですが、信仰の現実に立って、今日を生きるという闘いをしていくわけです。それは、感謝すること、いつも喜んでいること。周りの人を気遣うこと。山崎さんは、一番大事にされたことは、ユーモアでした。笑いをたやさないこと。周りの人を気遣い、いつも、ユーモアを持って、笑いを絶やさずに、生き切る。それが闘いだったのです。信仰者の闘いは闘いであると同時に、幸いな歩みでもあります。見ないで信じる闘いと、幸いの世界へと、主はわたしたちを招いておられる。

                              ページのトップに戻る

  
 説教:われにさわるな     ヨハネによる福音書 
         20章1節〜18節
2014.4.20

わたしたちは、あまりに過去にこだわるのではないでしょうか。マグダラのマリアが、7つの悪霊に苦しめられたように、わたしたちも人生を罪と死ともろものこの世の霊力によって縛られ翻弄されてきた人生といってよいかもしれません。自分が経験してきた過去にこだわり、そこにある自分から、頑として動かない自分の姿があるかもしれません。いろいろな思い出とともに、罪深いわたしという記憶、傷ついたわたしという記憶からも離れられないでいるかもしれません。

突然、復活の主は出会われる。「われに触るな」、親しくというよりは、距離感をもって、わたしたちの思いとは正反対の方向から、出会われる。そしてわたしたちを新しい使命と、希望に生かされる。ここには、主の宣言と招きのメッセージがある。

「あなたはもはや一切から解放されている。愛は勝利に終わるのだ。過去のことは忘れよ、忘れていいんだよ。それが赦し。希望をもって新しく歩みだせ!」

イースターの早天祈祷会で、ある姉妹が祈っておられました。「ここのところわたしは年を取ってだんだん弱ってくる自分にとらわれていました。そのことが固定化し、これからますます弱っていく晩年しかないと想い、あきらめのような無力感とこれからについての不安と恐れに覆われていました。ところが、復活ということをあらためて知り、希望があると示されました。これからは復活を信じて、希望に向かって新しく歩みをはじめて参りたいです。」

ハレルヤ!

                              ページのトップに戻る 

 説教:祈りーキリスト者の闘いの武具は?    マルコによる福音書 
         14章32節〜42節
2014.4.13  

主イエス・キリストのゲッセマネの祈りが、わたしたちの人生の、そして、それはこの厳しい現実のある世界の、一番深いところにある祈りであります。わたしたちは、その深さ、深淵を理解できない。それほど深い罪を主イエス・キリストは十字架で担おうとされていた、その事実だけがわかりますが、罪の深さや全体像をつかもうとしてもつかめません。この事実から、もう一つのことが示されます。それは、わたしたちの理解すらできない、その深さにも到達できない、深い闇において、主イエス・キリストが来てくださったということです。また、祈ってくださったということです。それは、過去のことで、主イエス・キリストは、もうその祈りを終えられたということはあるかもしれない。しかし、同時に言えることは、主は今でも、祈ってくださっているということです。主は十字架におかかりになり、死んで、復活なさって、天に昇られたのですが、今も、永遠の大祭司として、祈ってくださっています。しかも、大胆に言いますと、それはまぎれもなく十字架の主として祈ってくださっています。

わたしは牧師としてまだ間もない時に、ある挫折を味わって、ひどく落ち込んでいたときがありました。その時に、ある先輩の牧師から、手紙が届きまして、その文章の中に、主イエス・キリストがあなたのことを祈っておられる、という言葉を見出しました。主イエス・キリストの祈りの中に、自分が置かれている。主イエス・キリストが深いところで祈ってくださっている、それがどんな大きな支えとなるか。ゲッセマネの主は今も、あなたのために祈っておられる。

                               ページのトップに戻る
 説教:仕えられるためではなく 仕えるために    マルコによる福音書 
          10章32節〜45節
 
2014.4.6  

キリスト教の教えは、青少年の教育には、プラスにならないということを聞いたことがあります。競争心をあおらない。すぐ罪とか、人間のマイナス面を聖書が語る、弱さばかりを語る。そういうところからは、たくましい精神は育たないのではないか。キリスト教の教育は、青少年の向上心を阻害する面があるのではないかというのです。

今日のところも、競争社会に生きる逞しさという点では、その野心が抑えられる教えであると言ってよいですが、しかし、本当の意味で、向上心、いわば、向学心が否定されているかというとそうではない。それは世間一般社会でいうところの向上心ではないかもしれない。しかし、それを修正して、新しい価値観と新しい方向がここでイエス様から示されている。それは目標に向かって向上していくという願いがあるならば、謙虚になり、仕えていくという。その中に、本当の栄誉というものがあるという驚くべき教えです。それは、人からではなく神様からの賞賛を求める歩みです。その道は、上に向かっていく歩みではなく、むしろ、下に向かっていく歩みになる。下が上、謙遜が栄誉、僕が王、そのような価値の逆転が起こる。キリストに従って生きていく生き方、仕えるという生き方になる。仕えて生きていくとは、苦しみを伴った歩みとなります。しかし、ここでは、暗い響きがありません。むしろ、栄光の輝きが、この仕えるという生に現れ出ている。それを主イエスは奨励されている。「わたしに倣って、仕える道を取りなさい。そこに、神にお褒めいただく栄誉がある。栄光がある。それを求めなさい」と。高い志を持とう!キリストのためにキリストの苦しみにあずかることを喜びとしよう!
                             ページのトップに戻る

 他の年度の 説教から一言
2010年度
2011年度
2012年度
2013年度 
最近の
説教から
 2015年3月
 2015年2月
 2015年1月
 2014年12月
 2014年11月
 2014年10月
 2014年9月
 2014年8月
 2014年7月
 2014年6月
 2014年5月 
 2014年4月
2015年3月19日更新
説教題をクリックして内容をご覧下さい。
sekkyo
2014年4月 説教から一言
説教題 聖書の箇所 年月日 NO
   説教:「 信じる者になりなさい    ヨハネによる福音書
   20章19節〜31節
 
 2014.4.27  
   説教:「 われにさわるな    ヨハネによる福音書
   20章1節〜18節
 2014.4.20  
   説教:「 祈りーキリスト者の闘いの
            武具は?
 
  マルコによる福音書
   14章32節〜42節
2014.4.13  
   説教:「 仕えられるためではなく
           
仕えるために
 
 マルコによる福音書
   10章32節〜45節
2014.4.6  

ホーム    教会案内    礼拝案内    ジュニア    行事予定    牧師    英会話    パソコン教室
日本キリスト教団 千葉北総教会 のホームページへようこそ
本文へジャンプ


 

説教から一言 2014年度