わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、
キリストと共に生きることにもなると信じます。
 
         ローマの信徒への手紙 6章8節
 説教:道・真理・命     ヨハネによる福音書
     
    14章1節〜6節
  
 2013.4.28  

聖霊が降ってくる。その聖霊があなたがたに宿るときに、イエス・キリストも戻ってくる。イエス・キリストがおられるところにわたしたちもいるということになる。

その場所はどこか。それは、教会である。教会という場所こそ、わたしたちに与えられた居場所。教会に連なる生活の中に、イエス。キリストは共にいてくださる。

「信じなさい」信じ続けよという意味。それはわたしたちの選択でもある。人生にはいろいろな選択肢がある。その中で、教会という居場所を選び取り、その中を歩む、あるいは、連なって歩む。そこに、イエス・キリストがいつも一緒におられるという歩みがある。そこに、心のさざなみに対する本当の解決がある。

イエス様は、わたしは道であり、真理であり、命であるとおっしゃいました。さあ、わたしたちは、人生の選択が迫っているのです。はい、イエス様、信じます。イエス様に従っていきますと答えますか、それとも、よしときますと答えますか。それは常に二つに一つの分かれ道なのです。

イエスさまにしたがっていく道は、人を本当に生かす道。そして、それはわたしたち自身においても、命が輝き、躍動する道。たいへんつらいときもある。疲れ果ててしまうこともある。空しく終わったり、恥ばっかり掻いて、泣きたくなることも。そんなときになは、布団をかぶって寝るしかない。でも不思議なことに、そんな中でも支えられる。あとからあとから、新しい力が湧いてきて命が躍動してくる。喜びが湧いてくる。喜びがすべての基調となるのです。

                             ページのトップに戻る 

 説教:復活信仰に今生きる    ヨハネによる福音書
    11章17節〜27節
  
 2013.4.21  

 

神学校に入学して間もない頃、同級生のご家庭に招待を受けまして、全員で、といっても11人でしたが、行きました。そこに、宝田愛さんという同級生のおばあちゃんがおられました。お年はその頃90歳近かったのではないでしょうか。大変お元気の様子でした。お食事を頂いて、楽しく歓談をしているときに、宝田さんが、仕切ってしまわれ、神学生一人一人に質問をするのです。「あなたの信仰はどんな信仰か、答えてみなさい。あなたは、あなたは、」わたしたちは、それなりに答えました。わたしも答えました。でも、まるで教科書に書いてあるような答えばかりで、言っている自分が、間に合わせの言葉だなあとわかりました。 

ひとしきりみんなに聞いて答えさせたあと、ご自分の証しをはじめられたのです。わたしの証しを聞け、といわんばかりの迫力がありました。宝田さんは、開口一番で仰ったことはこういうことです。「わたしの信仰はいのちです。永遠のいのちです。もうすぐわたしにはお迎えがくることでしょう。でも、わたしはそれを喜んでいるのです。だってそうでしょう。イエス様のみそばにいられるんですから。」 

宝田さんの言葉は、その後、ずっと残り続けた問いでありました。主イエス・キリストが近づいてこられ、問うていらっしゃる問いと重なっています。「わたしは復活であり、命である。あなたはこれを信じるか。」それは、わたしたちを生きた信仰に生かすための招きにほかなりません。主のいのちを受け取り、復活を生きていきましょう。復活を日々、今生きるのです。喜びはここからはじけます。


                             ページのトップに戻る 

 説教:いのちの証言者      マタイによる福音書
    12章38節〜42節
 
2013.4.14   

 十字架に主にお仕えする歩みがあります。主と共に十字架を背負う歩みです。困難の多い歩みです。なんでこんなに苦労をしていかなくてはならないとの思える、犠牲の伴う歩みです。神と人とに仕える歩みは、自然と十字架の歩みになるのです。しかし、ここには同時に、いのちの下支えが常にあることを証ししています。

 主が、下から支えてくださっているから、わたしたちは、持ちこたえる。どっこい生きている。不思議なことですが、ここには常に喜びが満ちています。そして、この喜びは溢れます。なぜでしょう。十字架と復活の主が共に歩んでくださっているからです。 
 もう少し言いますと、ここには、信仰の勝利があります。罪を赦され、永遠の命を与え、愛を注がれる主がいますから、その愛を常に注いでくださいますから、ここには、信仰の勝利がある。それは負けないということです。どんな困難な出来事がそこにあろうとも、持ちこたえる。どんなに途方に暮れそうになっても、主が友として、いつもいてくださるから、平安は動かされません。祈りを通して、聖霊の賜物は、いつも補給され続けます。そうです。主がお示しくださっているしるしとは、わたしたち自身がしるしとなるということです。わたしたち自身の歩みが、神さまを証しする歩みとなる。わたしたちは復活の証人、いのちの証言者として召されているのです。

イエス・キリストは、いのちの下支えをしてくださる、「あるがままでいいだよ」と受けとめてくださる。この方に支えられた群れがある。それが教会の交わりにほかなりません。

 

                             ページのトップに戻る 

 説教:いのちの爆発        マタイによる福音書
    28章11節〜15節
  
 2013.4.7
 

 皆さん、初代教会の使徒たちの大胆さ、そして、成長の姿を通して、聖書が語っていることはこういうことです。それは、イエス・キリストがよみがえられたという事実です。復活の命が一人一人のうちに宿りますと、そこから爆発的な命の躍動が起こります。

イエス・キリストに反対する勢力が他方であります。それは、自分たちの罪があらわにされることを恐れているからです。今まで自分が築いてきたもの、それは本当はすべて神の恵みにすぎないのですが、あたかも自分の知恵と力で切り開いてきたという自負、プライド、いってみれば自我に捕らわれているものは、徒党を組んで、排除しようします。封じ込めようとし、隠蔽工作を張り巡らせて、その新しい動きをただきつぶそうとします。しかし、封じ込めることはできないのです。復活のイエス・キリストは生きておられるからです。復活の命を人間的な力で封じ込めることはできない。むしろ、爆発的に、広がっていくのです。

使徒パウロについて使徒言行録24:5では「この男は疫病のような人間」といっています。福音による影響感化、復活のいのちの爆発とは、疫病のように伝染し、感化をもたらすのです。

 「自分は頑張るは好きではなく、顔晴れは好き」と、あるクリスチャンの方が話してくださいました。前者は、頑なで意地っ張りという頑張り。後者は復活のキリストに出会うならば顔が晴れるという意味、顔がハレルヤ!このつきぬけた明るさにわたしたちも生きようではありませんか!

                             ページのトップに戻る
他の年度の
説教から一言
2010年度
2011年度
2012年度
2013年度 
2014年度 
2013年度の
説教から一言
 2014年3月
 2014年2月
 2014年1月
 2013年12月
 2013年11月 
 2013年10月
2013年9月 
2013年8月 
2013年7月 
2013年6月 
2013年5月 
2013年4月 
2014年4月26日更新
説教題をクリックして内容をご覧下さい。
sekkyo
2013年4月 説教から一言
説教題 聖書の箇所 年月日 NO
   説教:「 道・真理・命     ヨハネによる福音書
     14章1節〜6節
 
 2013.4.28  
   説教:「 復活信仰に今生きる     ヨハネによる福音書
     11章17節〜27節
 
 2013.4.21  
   説教:「 いのちの証言者     マタイによる福音書
     12章38節〜42節
 
 2013.4.14  
   説教:「 いのちの爆発      マタイによる福音書     28章11節〜15節    2013.4.7  

ホーム    教会案内    礼拝案内    ジュニア    行事予定    牧師    英会話    パソコン教室
日本キリスト教団 千葉北総教会 のホームページへようこそ
本文へジャンプ


 

説教から一言 2013年度