わたしを強めてくださる方のおかげで
 わたしにはすべてが可能です。
   フィリピの信徒への手紙 4章13節

 説教:平和をもたらす者たち       マタイによる福音書
      10章5節〜15節
 
 2012.7.29 18 
 

 開拓伝道に携わるようになって、わたしは自分が牧師、説教者、伝道者として、また一人の人間として貧しさと小ささとに直面し、愕然とすることがあります。どうしてもっと言葉巧みに語ることができないんだろう。どうしてもっと賢くないんだろうか。どうしてもっと魅力的な生き方ができないんだろう。隣りの芝生は常に青いのです。すばらしい賜物を与えられている他人と比較しては落ち込むこともあります。能力的なことだけではありません。弱さに伴う罪によって、もはや救いようがないほどの貧しさにいやになる日々があります。そんなあるとき、読んでいた聖書は、生まれつきの目の見えない人に対して、主が仰った言葉でした。「神の業がこの人に現れるためである。」

 貧しさも、小ささも含めて神様は、あえてそのような器をお選びになられ、お用いになろうとされるのです。余力のない者は神様にすがるしかないでしょう。無力さの中で神様のご栄光が現されるしかないでしょう。だからこそ良いと仰ってくださいます。

伝道とは、平和の祈りを携えていくだけです。平和を祈ることだけならなんとかできそうじゃありませんか?家庭や身近な人間関係においてまた社会において平和の祈りを携えて遣わされて参りましょう。
                       ページのトップに戻る

  説教:元気になりなさい  マタイによる福音書
      9章18節〜26節
 
 2012.7.22 17 
 

 「少女は死んだのではない。眠っているのだ。」イエス様の眼に映っているのは、死の現実を打ち破って、復活させられる少女の姿です。それはおそらくイエス様ご自身が、父なる神によって死人のうちから復活させられる姿をも重なってご覧になっている。復活の信仰です。常識を超えている奇跡です。周囲の人々は、常識的な目にとらわれています。そして、信仰の奇跡をあざ笑っている現実があります。しかし、本当の現実は、復活のいのちがやがて現されるという希望であります。希望でありますが、確実にそれは起こると約束されている現実であります。眠っている少女に注目しましょう。世間の目からすれば、彼女は死んだものです。この場合、眠っている一人の少女の中に、無力で、この世の中で最も小さいと思われるものの姿がある。もうただ横たわるしかない、ただ神の御手にすがるしかない、無力な小さなものです。でも、それでいいのです。わたしたちが、無力に徹するところで、神の偉大な御業があらわされる。

 わたしたちもまた、ただただ受身で、復活させられるのです。その復活のいのちの希望が与えられている。この希望は死の悲しみのあるもの、また将来に対して希望の持てない人への癒しとなっています。
                              ページのトップに戻る 

  説教:医者を必要とするのは誰?   マタイによる福音書
      9章9節〜13節
2012.7.15 16


 昨日から、JCでは教会で一泊して、サマーキャンプを行いました。幼い子どもたちが、教会で泊まる経験をする。教会で楽しい経験をする、それはとてもすばらしいかけがえのない経験です。今回のテーマは「幸せってなんだっけ」という題で山上の説教、「心の貧しい人たちは幸いです。天の国はその人たちのものである。」について考えました。幸せってナーニ。子どもたちにとって難しかったかもしれませんが考えました。イエス様が教えてくださったことは、幸いとは弱さを知っているということではないか。自分の弱さであり、他人の弱さということです。弱いから、わたしたちは助け合うでしょう。弱いからわたしたちは、思いやったり、感謝したりするでしょう。弱いから、神様に愛されていることがわかるでしょう。だから弱くたっていいのです。いや弱いからいいのです。今日の箇所にも通じることです。信仰における病、霊のおける病、そういう弱さがあることを知ることは大切なことです。だからこそ、霊におけるお医者さんがいるのです。まことのお医者であるイエスさまが、わたしたちのところに来てくださいました。わたしたちの町に、わたしたちの主治医として、いつもイエス様がおられる。
 
                        
                        ページのトップに戻る 

  説教:嵐に持ちこたえるもの   マタイによる福音書
      8章23節〜27節
2012.7.8 15


 「嵐に持ちこたえるもの」という説教題をつけました。そして、いろいろ考えてみたんです。嵐に持ちこたえるものって何か?何にもないんじゃないかと思います。自分の中にある何かということではなく、自分の外にあって、自分を支えてくれる御手、み翼。そういう方が、いる。わたしたちを根底から支える方としている。そういう真理を発見する喜びがわたしたちに招かれていることです。「イエスは眠っておられた。」それは、弟子たちだけの経験ではなく、「人々」の経験にもなっていったのであります。その嵐の中の小舟は、わたしたちの教会であり、また、わたしの人生でもあります。「イエスは眠っておられた。」それは、「今も」、そして、「ここに」、「あそこに」なのです。しかも、主は、わたしたちをいつも温かい御手で覆ってくださる方であります。ここに本当に、神を神として畏れる信仰があります。そして、ここに神様に従っていこうとする献身、服従が起こってまいります。
 そして、ただ、わたしたちがこの真理を発見して喜ぶだけでは、本当に、発見したことにはなりません。この真理を生かしていくということです。この真理に生かされて人生の戦いをするということです。

                        ページのトップに戻る            

  説教:「 たった一言が世界を救う   マタイによる福音書
       8章5節〜13節
2012.7.1 14

 イエス様が語られるひと言。それはそのひと言と共に、イエス様がわたしたちと出会ってくださるということでもあります。そこに込められた神様の溢れる愛情。そして、救いに関する全能のみ力。主の言を聞いたものは、いろいろな重荷から解放されて、新しく生きはじめる。そのひと言を通して、罪のゆるしの宣を聞いたら、わたしたちのうちに深い平安が訪れます。十字架の贖いのゆえに、あなたの罪を神は忘れるという。過去も現在も将来も一切の罪を神は、もはや思い出さないとおっしゃる。
 わたしたちは、いろいろな心の傷や重荷を背負っていきているものですが、いっさいの重荷を下ろしていい。そこから自由を与えられて生きていきます。その自由は、かってきままに生きていくという自由ではなく、愛をわかちあって生きる。そうせずにはいられなくなる自由です。人生のありようを変える。教会はそこで常に新しく生み出されていく。
 教会とは、会堂という形ではなく、制度としての組織でもない。イエス様のひと言によって常に生み出され、成長していく群れです。そして教会はこの世に立っています。世の人々は、深いところでは、なくてはならぬ、いのちの糧、明日を生かしめる、ただひと言を求めている。主の言葉には権威と力があります。

                              ページのトップに戻る
他の年度の
説教から一言
2010年度
2011年度
2012年度
2013年度 
2014年度 
2012年度の
説教から一言
2013年3月 
 2013年2月
 2013年1月
 2012年12月
 2012年11月
2012年10月 
2012年9月 
2012年8月 
2012年7月
2012年6月
2012年5月
 2012年4月 
2014年4月27日更新
説教題をクリックして内容をご覧下さい。
sekkyo
2012年7月 説教から一言
説教題 聖書の箇所 年月日 NO
   説教:「 平和をもたらす者たち 」     マタイによる福音書
      10章5節〜15節
 
2012.7.29   18
   説教:「 元気になりなさい 」    マタイによる福音書
      9章18節〜26節
 2012.7.22  17
  説教:医者を必要とするのは誰?   マタイによる福音書
      9章9節〜13節
2012.7.15 16
  説教: 嵐に持ちこたえるもの  マタイによる福音書
      8章23節〜27節
2012.7.8 15
  説教:たった一言が世界を救う
 マタイによる福音書
      8章5節〜13節        
2012.7.1 14

ホーム    教会案内    礼拝案内    ジュニア    行事予定    牧師    英会話    パソコン教室
日本キリスト教団 千葉北総教会 のホームページへようこそ
本文へジャンプ


 

説教から一言 2012年度