荒地よ 荒地よ 喜び踊れ、
 砂漠よ 喜び 花を咲かせよ。
          イザヤ書 35章1節

  説教:新しく始めることができるか   マタイによる福音書
        3章13節〜17節
2012.4.22
  

 先日、あるクリスチャンの御婦人と話しをする機会が与えられました。 その方のお連れ合いが、このあいだのイースターに洗礼を受けられたという話題でした。その中で、その方は仰るのです。「洗礼を受けて家の主人は変ったのです。」と仰いました。 どう変ったのか?と尋ねますと、「いやー、言葉では表現しにくいんですが、喜ぶことが多くなったように思います。」と仰いました。「どんなことで喜ばれるんですか?」とお聞きしますと、「すべてが感謝となったと思いますよ。自分にとって辛いなあ、厳しいなあということも神さまがなんらかのご計画で、導いてくださっていると信じれますでしょう。委ねることができるようになったということでしょうか。」そのあとでやっぱり「聖霊の導きではないかと思います。」

 聖霊の導きとはなんでしょうか。 それは端的に言って、祈りが導かれるということです。そして、御言葉が与えられるということです。何でも祈っていいのです。その祈りのうちに聖霊はわたしたちを最もよい道へと導かれると信じてよいのです。そしてわたしに無くてはならない生きた御言葉を届けてくださいます。その時天が開けるという経験をさせていただきます。思い煩いの雲はパアッと晴れる、ハ・レ・ル・ヤ!

                        ページのトップに戻る 

  説教:悔い改めよ
             −人生の方向転換−
 
 マタイによる福音書
        3章1節〜12節
2012.4.15

 
 元日本銀行の総裁の速水優さんはすでに天に召されましたが、クリスチャンでした。たいへんよい証しをされたことで知られています。お忙しい中でも、できるだけ教会の礼拝を欠かしませんでした。

 その速水さんが、小さなトラクトという伝道パンフレットにこんなことを書いておられました。それは自分にとって日曜日の礼拝に出る意味についてということでした。礼拝に出席することで、悔い改めを導かれる。謙虚にさせられ、そこで、整えられる、そこで、本当の意味でリセットされて、そこで、また、活力を受けて、日常の生活に戻っていく。

 「教会は悔い改めの場所」ということを積極的にとらえて述べておられました。わたしたちが、静かに自分自身を見つめる場所、 一週間を振り返る場所、 そして、リセットさせていただく場所、 それは本当に神さまが与えてくださった教会です。 そして、十字架のイエス様を通してこそ、わたしたちが本当に立ち帰るべき方である神さまに立ちかえります。すべての人々が、ここに(教会に、十字架の主に)招かれています。

                        ページのトップに戻る 

  説教:恐れることはない   マタイによる福音書
        28章1節〜10節
2012.4.8


 今、わが家には娘が拾ってきた大きな猫がいまして、居間を占領しています。交通事故にあって、背骨を骨折して、医者は、あまり長くないということをいい、わたしもそう思ったのですが、一ヶ月を過ぎて、たくましく生きています。あいかわらず下半身は動かなくて排泄を自分でできないのですが、それでも、オシメを取り替えてもらい、介護を受けつつ元気で生きています。人間でいったら要介護5?

 介護を受けながらも、愛嬌を振りまいて、精一杯の感謝を表しているようで、なんだか、お世話をしているこちらが、元気をもらっているのです。生命力の強さ、生きることのたくましさを教えてもらっていて、少々のことで弱音を吐いてはいけないなと思うのです。わたしたちも、たくましく生きていきましょう。それは、復活のイエス様がわたしたちと共におられるからです。弱い、つまずきの多いわたしたちの歩みですが、わたしたちが倒れそうになるときに、支えてくださる。そうやってどっこい生きていくのです。コリント第二の手紙6:8-10に、死にかかっているようで、このように生きており、貧しいようで、持っている。それはまさにこの千葉北総伝道所の歩みではないか!どっこい生きている!だからあなたも「恐れることはない」!


                        ページのトップに戻る            

  説教:「 真理の王は今も歩まれる   マタイによる福音書
        21章1節〜11節
        27章32節〜44節
2012.4.1

 

 パスカルは「人の心の中には、神以外には埋めることのできない『空間』がある」といいました。人間は、心の真ん中に神さまにすわっていただく王座があるのです。でも、最初の人、アダムとエバが神を心の中から追い出して、自分が自分の王となったときから、人間の悲しい歴史がはじまりました。

 自分が自分の心の王座に座っているかぎり、心のなかにぽっかりと穴のあいているような空しさがあります。趣味に、仕事に、ある目的のために一所懸命ばんばってみても、自分が得することだけに生きているならば、結局残るものはなんでしょう。憎しみ、恨み、いらだちばかりなのであります。赦しがない世界です。「十字架につけよ」と、まるでストレスのはけ口のように連呼する群衆のひとりのごとくです。罪とは自己中心です。エゴイズムです。その行き着く先は虚無です。しかし、イエス様は今もそんな暗い心のわたしたちのところに来ておられるのです。ロバの子に乗ってこられているのです。そして、わたしたちの心の扉を叩いておられるのです。イエス様を信じて迎え入れ、心の王座についていただくなら、真の平安と幸いが約束されています。

                              ページのトップに戻る
他の年度の
説教から一言
2010年度
2011年度
2012年度
2013年度 
2014年度 
2012年度の
説教から一言
2013年3月 
 2013年2月
 2013年1月 
 2012年12月
 2012年11月
 2012年10月
2012年9月
2012年8月 
2012年7月
2012年6月 
2012年5月 
2012年4月 
2014年4月27日更新
説教題をクリックして内容をご覧下さい。
sekkyo
2012年4月 説教から一言
説教題 聖書の箇所 年月日 NO
  説教:新しく始めることができるか 」   マタイによる福音書 
       3章13節〜17節
2012.4.22
  説教:悔い改めよ
       −人生の方向転換を−
  
 マタイによる福音書
      3章1節〜12節
2012.4.15
  説教:恐れることはない  マタイによる福音書
      28章1節〜10節
2012.4.8
  説教:真理の王は今も歩まれる  マタイによる福音書
      21章1節〜11節  
      27章32節〜44節    
2012.4.1

ホーム    教会案内    礼拝案内    ジュニア    行事予定    牧師    英会話    パソコン教室
日本キリスト教団 千葉北総教会 のホームページへようこそ
本文へジャンプ


 

説教から一言 2012年度