他の年度の
説教から一言
2010年度
2011年度
2012年度
2013年度 
2014年度 
2011年度の説教から一言
2011年4月
2011年5月
2011年6月
2011年7月
2011年8月
2011年9月
2011年10月
2011年11月
2011年12月
2012年1月
2012年2月
2012年3月
  説教見ずして信ずる者は幸福なり ヨハネ 20:24〜29 2011.4.24


 わたしたちもまた、不信仰とか、信仰の弱さということでは、悩みを持っているのではないでしょうか。

 
今日のところで、トマス以外の弟子たちもまた、復活された8日目ですのに、いまだ、ひとつのある家に隠れて、固く戸を閉ざし、鍵をかけていました。なぜでしょう。19節にあるのと同じことなんです。ユダヤ人を恐れていたのです。それは、死を恐れていたということじゃありませんか。また、イエス様を裏切ってしまった過去の罪の責任、罪責がまた蘇ってきているのです。復活のイエス様と出会って、もはや、ゆるしをうけたはずですのに、また周囲の人がなんと思うだろうか、恥だとか、不安、恐れがここにあらわれています。だから、イエス様はもう一回、再び弟子たちの中に入ってきてくださって、その真ん中に立って、平和の挨拶をされたのです。「あなたがたに平和があるように」ヘブライ語でシャロームの挨拶です。

そのようにトマスだけじゃない、他の弟子たちも、そして、わたしたちも、目に見える現実を見て、恐れるのです。罪や死や、人を恐れる。そして、自分自身の不信仰を見て、恐れる。自分の信仰は大丈夫だろうか、だめなんじゃないかと恐れる。

そんなわたしたちのところに、あきらめずにイエス様は、何度でもやってきてくださる。恐れや不信仰の扉を突破して、入ってきてくださるのです。わたしたちの真ん中で、シャローム、平和となってくださるのです。信じないものから信じるものへと導かれていく、生涯の最後までアーメン。
                                  ページのトップに戻る

  説教ここに救いがある マルコ 15:21〜41 2011.4.17

 「エロイエロイレマサバクタニ。わが神わが神なぜわたしをお見捨てになったのですか。」ここにあるのは、悲しみの一番底にある問いです。理不尽な現実に振り回される中でわたしたちも「神も仏もあるものか」と嘆いてため息をついたり、怒りのもっていきようがないところで叫んだりします。

このとき、主は、あなたの叫びを代わって叫んでおられるのです。あなたのため息を発する際に、主も嘆息される。 問題そのものの解決は、ある意味残され続けることがあります。しかし、苦難の中で連帯される神がいらっしゃると知っていることが、私たちが苦難を耐えることの助けになります。それが実際的な救いなのです。

また、イエス・キリストの御苦しみこそが、この世の最もつらい厳しい苦しみであるので、主の御苦しみを考えたら、わたしの苦しみはたいしたことではないことに気づく、すると苦しみが小さくなる。そうなると、やはり、苦しみを耐えやすくなる。これも実際的な救いです。

さらに十字架の主はまた復活の主でもあります。復活の希望がここに射し込んでくるので、さらに、わたしたちも、希望と喜びに満たされて歩むことができます。わたしたちは苦難にあえぎ苦しむ隣人と共に歩むようになります。とりなしの祈りを大事にします。そして、できることで共に一歩を踏み出します。不思議なことですが、悲しみは多けれど、喜びのある歩みが与えられます。ここに救いがある!!
                                  
ページのトップに戻る

  説教天国の鍵を得る マタイ 16:13〜20 2011.4.10

岩について、詩編18編を合わせてお読みください。ダビデは、生涯の最後にこの詩編を歌ったとされて、サムエル記の一番最後にも、この箇所とそっくりそのままあります。ダビデこそ、主なる神を岩と読んだ、旧約での代表のような人物です。5−6、8−9、16を読むと、地震や津波に飲み込まれて、天地がひっくりかえって、ぐちゃぐちゃになっている様子が描写されています。5-6には、死の世界である陰府があります。16に地の基が現れたとあります。17節には大水に飲み込まれたとあります。

ダビデが海岸に近いところに住んでいたからというのはないのです。どんなに陸地でも、地盤の固いところでも、このような大水とは無関係じゃなく、世界がこわれちゃったなら、わたしたちみんな、大水に飲み込まれてしまうということなのです。ダビデがこの詩をつくったのは、サウル王におわれて、ユダヤの荒野をさまよったときを思い起こしたからです。その後も、家族のことでも、こどものことなど人生の辛酸をなめつくした生涯を振り返ってこの詩を歌ったのです。それは、天地がひっくりかえり、死の世界、陰府の口が開き、大水に飲み込まれてしまうような現実だったのです。足もとがくずれて、何も支えるものがなくなる、誰に頼っていいかわからなくなる、不安と恐れ絶望とで、混乱のきわみを経験しているのです。その中で、7節苦難の中から主を呼び求めると、その声は、天に届き、17節御手をさしのべて、救ってくださった。そして、20節わたしを広いところに導きだし、助けとなり、喜び迎えてくださる。狭く、暗い滅びから、救い出して、広いところへ置いてくださった。

それは、新約聖書の光で読みますと、主イエス・キリストの十字架と復活による救いによって約束されている神の国です。罪をゆるされ、永遠の命にあずかる約束です。死の国である陰府の力の決して対抗できないいのちの世界が約束されています。これが私たちに与えられている揺るぐことのない神の国です。この扉を開ける鍵に気づいてください。あなたを一番下から支えようとしておられる岩、イエス・キリストが近くにおられ、あなたと共に歩もうと招いておられます。
                                  
ページのトップに戻る

  説教最も大切なこと コリント(一) 15:1〜5 2011.4.3

 
 最も大切なこととして、わたしが母なる教会から受け取ったすばらしいバトンのことを紹介しましょう。そのバトンには三つのことが記されています。十字架、葬り、復活です。

 第一のことは、人生の過去と暗い影の負債を清算させ、深い大安心をもたらす福音です。わたしたちは清算できない深い淵のような罪の負債を抱えていると、それを引きずります。必ずストレスになり他者に暴言を吐いたり、弱いものへ精神的肉体的な圧力をかけるようになります。またそうすることによって相手ではなく本当は自分自身を傷つけているのです。この問題の真の解決はどこにあるのでしょう。神の子が人間となって全人類の罪を背負ってくださった、ただこのことによります。信じるならば、誰でもこの大安心をいただけます。

 第二のことは、毎週の礼拝において悔い改めとして起こります。礼拝は静かに自分自身を見つめるときです。そして、悪さをする古い自分から離れて、謙虚に愛に生きるようになります。しかも自分の中には、愛する能力がないことを知っていますから、聖霊の賜物を祈りつつ愛を受けます。こうやって毎週わたしたちは歩みを整えられるという福音です。

 第三のこと。お先は真っ暗ではないか!と多くの人々が思っているかもしれません。先は絶望なんでしょうか?そうじゃないのです。その先に復活があるのです。決して新しくならないと思っているところで、新しく出発がゆるされる。これほど喜ばしい人生はございません。まさに福音です。

福音という命のバトンを、今度はぜひ貴方が受け取ってください。そして、次の走者へ渡してください。
                                  
ページのトップに戻る

2014年4月27日更新
説教題をクリックして内容をご覧下さい。
sekkyo
2011年4月 説教から一言
説教題 聖書の箇所 年月日 NO
  説教見ずして信ずる者は幸福なり ヨハネ 20:24〜29 2011.4.24
  説教ここに救いがある マルコ 15:21〜41 2011.4.17
  説教天国の鍵を得る マタイ 16:13〜20 2011.4.10
  説教最も大切なこと

  コリント(一) 15:1〜5

2011.4.3

ホーム    教会案内    礼拝案内    ジュニア    行事予定    牧師    英会話    パソコン教室
日本キリスト教団 千葉北総教会 のホームページへようこそ
本文へジャンプ


 

説教から一言 2011年度